スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一歩を越える勇気 栗城史多

2010年01月26日 23:19

登山家の栗城さんの存在をしったのは、半年くらい前に
インターネットの動画サイトで、日本のテレビ番組の、
世界で活躍する日本人というのを見ていたときに
単独、無酸素でエベレストに挑戦し、その冒険を世界中の人と
共有するために、ライブでインターネット中継などをされている人
ということを知りました。


それから、栗城さんのホームページに行き
いろいろ見ていると、自分と身長が同じ162cmで
同じ日本人が、こんなにすごいことをしているんだと知ったとき


ものすごい勇気をもらい、日本に帰った時に、栗城さんが出した本

「一歩を越える勇気」

を買って、つい最近読み終わりました。

一歩を越える勇気一歩を越える勇気
(2009/12/16)
栗城史多

商品詳細を見る


僕は本をよく買いますが、正直読み切る本は10%くらいだと思います。
おもしろそうと思って買っても、読まないことが多々・・・。

でも、この本は買ってから少しずつ読んでいって、飛行機の中や
アラスカに帰ってきて、暇なときとか寝る前にも読んでいました。




特に、僕は5月にマッキンリーに挑戦するので、
登山家が、何のために山に登って、山で何を思っているのかが、
すごい気になっていたし、
マッキンリーの山行記録なども書いてあったので
すごくおもしろかったし、勉強になりました。

それでも一番この本から勉強になったことは、題名にもあるように、
一歩を越える勇気を持つこと、
自分で勝手に壁を作らないこと
そして、栗城さんが登っているときの姿を動画配信することによって
本当に多くの人が、たくさんの勇気をもらっているんだってことを
知りました。



自分はなんで山に登るのか?そう聞かれたら、
自分はなんて答えるんだろうと考えました。

今までは、きれいな景色に出会って、写真をとりたいから、だったけど
日本での厳しい冬山の山行を経験して,
この本を読んで、
だんだんともっと深いものに変わってきているような気がしました。


FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。