スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きているという実感

2011年10月30日 13:34

朝起きて、学校に向かい、
授業を受けて、
図書館で宿題。

たまに場所を変えたくなって、
カフェで宿題、家に戻って宿題。


本当に毎日やることが山積みでも
常に一生懸命やることに集中できていたら
きっと充実感も感じれると思う。



でも僕はすべてが中途半端で、
長時間集中したり、椅子に座っていられないので
すぐに歩き回ったり、勉強とは関係ないことをしてしまったり。


もうそんなことを何年続けてるんだろう。
中学から勉強はそんなに好きじゃないのに
ずっと勉強しなきゃいけない環境にいた。


塾にもずっと行ってたし、高校も進学校で
大学受験があるからと、勉強の毎日。
逃げ出したかったけど、他に何をすればいいのかもわからず
結局特に達成感のない高校3年間。




大学の勉強は楽しい、

特にアメリカで勉強してると、

今まで知らない世界を開拓したり、

日本での常識や、

固定観念やものの考え方が変わったり。

同じ年代、同じ趣味を持つ仲間が集まれたり。







でも、

あまり生きているという実感がわかない。

24年間生きてきて、まだ自分の人生は始まってないんじゃないかと
いうほど、僕はまだ何もしてない。




今、やっと自分が将来やりたいことがだんだん見えてきた。

だから今すぐにでも学校を飛び出して、その世界へ飛び込みたいけど、

あともう少しなので、何とか卒業はしようと決めました。






あともう少し、あともう少し。







この長いトンネルぬけて、

本当の冒険をスタートさせたい。
スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。