スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Thunder Mountain

2011年01月17日 13:25

1月14日、15日と、サンダーマウンテン(857m)に登ってきました。

理由はまたまたオーロラの撮影のため。
オーロラ予報も天気予報もよく
それに前からずっと登ってみたかった山だったので。




この日はかなり寒く、登山を始める前からマイナス15度くらいありましたが
そんなことはおかまいなしに、夕方ころから登山開始。

今回も氷と雪と土まじりの森の中を、クランポンでざくざく登っていく。
風が強かったので、木々がミシミシなっていたり
時々バキッといって枝が落ちてきたりしたのでびっくりした。

今回もどこか登山道かわからない真っ暗な道をラッセルしながら登っていく。




夜9時ころ、ようやく森林限界を抜け出して、空と町がよく見えるスポットに
キャンプ設営。

かなり寒かったし、だんだん曇ってきたので、テントを張って、夕飯を食べながら
天気が回復するのを待つことに。

結局空は完全に曇ってしまい、何も見えなくなってしまったのでその日は寝ました。
ちなみによるはマイナス30°くらいあったとは思いますが
マッキンリーで使ったマイナス40度用のダウンの寝袋を持って行ったので
問題なく眠れました。




次の日の朝、7時ごろ起きて外を見ると雪。
朝日の写真はあきらめ、頂上に行こうと準備。

始めの10分くらいはスノーシューを使っていましたが
頂上付近になると雪も少なくなり、固いので
クランポンに履き替える。



これだけ寒いと、クランポンが雪に沈むこともなく
キュッキュと音を立てながら早く進めるので
すごく気持ちがいい。

テント場から30分くらいで頂上に到着。

IMG_3028 1
眉毛とまつ毛が凍ってるYO!

雪でいい景色は望めなかったので、
写真を数枚とって下山。

IMG_3029 1


IMG_3033 1
メンデンホールレイクと氷河

この日はずっとマイナス30°くらいありましたが
正直これくらいのほうが登山はしやすいと思いました。

やせ我慢ではないですよw

これくらいになると、雪に触れても雪がとけないし、
ダウンジャケットを来て歩いていても、汗をかかないんです。

だから、常に服はドライなので
寒いんですが、居心地はわるくないんですよね。

マッキンリーでも同じことを感じました。





ですが家に帰ると顔と指の先がヒリヒリ。
さすがに注意をしないと凍傷になっちゃう気温なのでした。
スポンサーサイト


コメント

  1. keke | URL | lbWsj3KI

    Re: Thunder Mountain

    こんにちは、
    今日、YOSUKEDさんのホームページを見つけ、とても親近感がわいたのでコメントさせていただきます。
    実は、私の長男(高校二年生)がジュノー(J.D.H.S)に昨年8月から留学しています。
    日本を立つとき、沢山写真を撮ってとデジカメを購入して持たせたのですが、余裕が無いのか全く写真を送ってきません。しかし、YOSUKEDさんのホームページを見てジュノーがとても素晴らしく、美しい町だとわかりました。また、日本から遠く離れたジュノーに日本の方が生活されていると想うと、心強く思います。
    長男には、早速YOSUKEDさんのホームページについて、メールしておきます。
    これから時々訪問させていただきます。

  2. YOSUKED | URL | -

    Re: Re: Thunder Mountain

    こんにちは、はじめまして!
    お子さんがJDHSにいるのですか??
    確かに、日本の高校生くらいの方を町で何度か見かけた気がします・・・。
    僕は大学に通っているのですが、大学にはもう1人日本人の方がいます。
    ジュノーには合計10人くらい日本人はいるのではないでしょうか?
    ジュノーは雨と雪ばっかりですが、本当にいいところですよ。
    今年の夏には僕の家族が遊びにくる予定です。
    もしなにかありましたらなんでも聞いてくださいね!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yosuked.blog114.fc2.com/tb.php/181-a2b5626e
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。