スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランタントレッキング その2 カトマンズからドゥンチェへ

2011年07月12日 03:16

6月2日、カトマンズのニューバスパークへ朝早く行き、ドゥンチェ行きのチケットを購入。


トレッキング会社さんのアドバイスから、6月になるとオフシーズンに入るので、
閉まっている小屋(ホテル)があるかもしれないという情報をいただいたので、
小屋が閉まっていても大丈夫なように、
カメラ機材プラス、寝袋やストーブなどを持っていったので、僕の80Lのバックパックはパンパン。



ネパールのバスには日本のバスのようなトランクがないので、
大きい荷物は屋根にのせます。

しかしローカルの人々も屋根に乗ります。
なのでこれまたトレッキング会社の方からいただいたアドバイスなのですが、
盗難や紛失防止のためにチケットを2席分買いました。

カトマンズからバスで8時間のドゥンチェまでなんとRs190(約200円)。
ホームステイしていた家からこのバス停までのタクシー代よりも安いです。


IMG_0740 1


バス停前で果物などを売る少女。





バスに乗ると、通路にはじゃがいもなどがいっぱいに積まれていて、それを乗り越えて自分の席へ。
そしてでっかいバックパックを僕の隣の席へ。
バスは少し狭いけれど、そんなに居心地は悪くありませんでした。



だんだん乗客がバスの中に入ってくると、水やお菓子を売る小さな子供達も入ってきて、
一生けん命になって売っていた。
彼らの輝く瞳がすごく印象的だった。



バスが出発する頃には座席はいっぱい、そして立っている人もいっぱいいたので、
荷物の為に座席をとったことを本当に申し訳なく思っていました。


バスが出発すると、ネパールのPOPミュージックみたいな曲がガンガン流れて、
すぐにカトマンズが一望できる丘を走り、緑いっぱいの山の中へ。


バスの窓からはカトマンズが一望できたり、次第に山や畑などが見えてきて、
一か月もカトマンズにいたのにこんな近くに素敵な場所があったなんて知らなかった・・・
と、一回もカトマンズを出なかった自分に少し後悔しました。



バスは山の中腹に無理やり作ったような道をくねくね進む。
ガードレールもなく、落ちたら1000mくらい止まらなそうな急斜面にも道はあり、
土砂崩れが起きたばかりのような道もある。

外を見るとハラハラドキドキ。




決まったバス停はなく、数秒走って止まって、ローカルの人を屋根に乗せての連続で、なかなか前に進まない。

くねくね道で、しかも舗装されていないような道も走るので、気分が悪くなって吐いている人も何人かいました。

お昼頃、小さな町でお昼休憩。みんなレストランに行ってダルバート(ネパールの主食)を食べているけど、
僕は食べる気にならなかったので、ポテトチップスとポップコーンを買ってバスの中で食べました。





カトマンズを経てから8時間、ようやく目的地のドゥンチェに到着。

IMG_0785 1


風の谷のナウシカを連想させるような、山の斜面に作られた町。


IMG_0804 1



僕はまずホテルを探しました。
トレッカーや外国人をあまり見かけないし、そろそろオフシーズンに入るということで、
ホテルがやっているのか心配でしたが、
バス停の目の前によさそうなホテルがあったので、入ってみる。


IMG_0783 1


Hotel Annapurnaというホテルは、見晴らしがすごくいいホテル。一泊Rs200。
荷物を自分の部屋に置いて、カメラを持って町を散策することにしました。



地球の歩き方によると、ここはもうランタン国立公園の中で、
入園費を払わないといけないので、
ドゥンチェの町から少し離れたところにあるオフィスまで歩いていって、
入園費を支払いました。



IMG_0763 1


ちなみに入園費はRs1000。

IMG_0789 1


夕方、丁度子供たちは下校の時間で、真っ赤な制服がすごく印象的でした。
そして道端で遊んでいる子供たちの所へ行くと、


IMG_0793 1


Take a photo! Take a photo! (写真撮って!)


と言ってみんなが駆け寄ってきたので、写真撮影。
子供達の写真を撮りたいと思っていたので、
まさか向こうから来てくれるなんて・・・すごくラッキーでした。


IMG_0795 1


しかも撮った後にお金ちょうだいとも言わず、僕が撮った写真をモニターで見て笑ってくれるだけで、
本当にかわいい子供達。




楽しいトレッキングの始まりを予感させるような、最高の一日でした。


IMG_0800 1
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yosuked.blog114.fc2.com/tb.php/193-7fa960a9
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。