スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウトドアポートレート。

2012年04月15日 20:54

金曜日、友達のサマーと、夕方に船着き場へ写真を撮りにいきました。

彼女とはそんなに喋ったことはないんですが、数日前にfacebookで、誰かモデルになってくれませんか
とつぶやいたところ、彼女がやってくれると言ってくれたので、お願いすることになりました。



数週間前に写真のクラスで、スタジオポートレートを習ったので、
本当はスタジオでモデルになってもらおうと最初は思って入たんですが、

外で撮った方が楽しいし、

将来スタジオで撮るよりもアウトドアで人を撮る方が絶対に多いと思うので
外で撮ることにしました。




アウトドアでの真剣なポートレートはこれで2回目。

1回目は去年の夏の終わりに、歌手の友達を、早朝の渋谷で撮りました。
前回も、実際はそんなにしゃべったことがなかった友達だったので、撮影中の会話にちょっと戸惑ったり、
緊張はしなかったけど、いざ撮影を始めると、
やる前にああしようこうしようというアイデアとか、
撮影中に気をつけなきゃいけないことがふっとんだり、


自分がテンパってる姿をモデルの人に悟られたら、相手をもっと緊張させてしまって、
撮影がうまくいなかいだろうなと思って、とりあえず撮りまくったり。



いろいろ難しいなと感じた初ポートレートだったのですが、
時がたつにつれていろいろ話しながらできたし、

風景写真とは全く違う筋肉を使うので、すごく難しいですが
それが逆に楽しいと感じました。




今回は、クラスでスタジオポートレートを習ったので、
前回よりも写真や撮影の知識はぐんと上がったので

もっと細かいところを意識して、自分が撮りたいイメージの写真を撮ろうと心がけました。


前回はフラッシュを使いませんでしたが、今回は使うことに。
それと夕焼けの温かい光を入れて撮りたいなと思ったので夕焼けの時間に撮ることにしました。




今回は、前回よりもリラックスした状態で撮れましたが、

相変わらず、撮影に入ってしまうと、気をつけなきゃいけない細かいところが
吹っ飛んでしまったり、
特にモデルをどういうふうにして撮ろうかという所ばかりに目が行ってしまって、

背景の処理をあまりできなかったところが、一番大きな反省点でした。




・・・という感じでしたが、前回よりはかなり上達したと思うので、

ちょっとだけ満足です。


とりあえずこちらが編集し終わった2枚です!

Summer Portrait1


Summer portrait2



もっと友達をいっぱい撮ってうまくなりたい。

アメリカでは普通の人でもプロのカメラマンを雇って写真を撮ることがよくあるみたいです。

特に高校生が卒業するときは、シニアポートレートといって、自分の写真をプロのカメラマンに撮ってもらう
人がけっこういるみたいです。日本のみなさんもどうですか?


もっともっと練習したいので次日本に帰った時は、男女問わず、写真を撮ってほしいという方いましたら
よろしくお願いします!


スポンサーサイト


コメント

  1. mega | URL | -

    結婚式の写真、陽ちゃんに撮ってほしい!ぜひ!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yosuked.blog114.fc2.com/tb.php/238-eb6397a4
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。